もう一度デート

もう一度デート

そこに戻る

大人の子供と年上の大人としてデートすることについてかなり怖いものがあります。 私は、19歳の息子が私にオンラインデートをやろうとしているような状況になるとは思っていませんでした。 私が女性として傷つきやすく、親として当惑したのは、現実的ではない瞬間でした。

私の息子は出会い系サイトでいくつかの成功を収めていたので、彼は私がそれを試してみることを強く主張しました。 最初は、私はただ言った。 それから私は彼に私が準備ができていなかったことを言わなければならなかった。 それで、私は彼を殺害するために私はポイントに沿って遊ぶことになると思いました。 彼は私のことをもっとよく知るために隠しプロファイルを作るよう注意深く教えてくれました。 この子はいいと思いました。 彼は私の自己発見への愛を知っていて、それを説得するために使っているので、彼に敬意を表します。 私はその過程のその部分を楽しんだことを認めなければなりません。 私は自分の人生のどこにいたのか、そして自分の将来のために何を望んでいるのかを反映していると信じる本物のプロファイルを作成するのに時間をかけました。 それからプロフィール写真を選ぶ時が来た、そして私が知っているほとんどの女性のように、私はパニックになった。 髪の毛を整えますか? 新しい服を買いますか? 私は外に持ち出しますか? ワイン1杯またはコーヒー1杯を保持する必要がありますか。 犬を写真に含めるべきですか? 私はついに写真を本物のプロフィールと一致させ、それを考え過ぎることをやめることにしました。 それで、私はジーンズのペア、上品なブラウス、そして私のお気に入りのパンダサングラスをかけました。 それにしても、これは私でした、そして私は私の大好きな晴れなしではどこにも行きませんでした。 私は竹のフレームの見た目と感触が大好きでした。 シックで環境にやさしいブーツです。 それらを身に着けていることは私にとってファッション以上のものでした、それは重要なことの声明でした。 彼らは私を完成させた。

それで、私の最高の自分のように感じて、私は私の考えを変える時間がある前に私は私のバルコニーの外側の写真を撮ってそれをプロフィールに加えました。 隠されていても、私はそれに満足していました。 私はそれを私の息子に見せました、そして、彼は言います、「まあ、お母さん、あなたが知っている、あなたは男で探しているものを定義する次のステップに記入することができます。 それはあなたがデートがあなたのために何を好むことができるかについてもう少し理解するのを助けるでしょう。 私は深呼吸をして、すぐに掘り下げました。私が見えない限り、それはただ無害な楽しさでした。 誰かが自分の基準を満たすという希望がある場合は、30個程度の選択肢のリストが画面に表示され、4個未満を選ぶようにするのはそれほど微妙ではありません。 これは私のチャンスでした。 私がオンラインデートの扉を閉めて息子にそれを休ませることを確信している方法で参加する私のチャンスは。 私は正確に何をすべきか知っていました。 私はすべてのカテゴリーに何かを選んだ。 それらすべての30。 私は微笑みました。 それは行われました、そして確かに、それは正確でした。 私がそれを見つけることが絶対になかったとしても、私が選んだすべてがまさに私が探していたものでした。 私は深呼吸をして微笑み、そして息子にそれが完了したと発表した。 彼は答えた、「あなたは車輪を回しましたか?」

「車輪を回転させますか?」私は尋ねました。

"はい! あなたが彼らと話し始めるまで誰もあなたのプロフィールやあなたの選択を見ることができないことを忘れないでください。 選択した条件に基づいて、一致する相手が誰であるかを確認するには、ホイールを回します。」私は笑った。 はい。 私は彼が私を見ているところに立ってホイールを回転させます。 それが多くを述べたときに警告が確かに正確であったので私はだれも現れないだろうということを知りませんでした。 ボタンをクリックしてください。 衝撃的に、一人の人物が車輪の窓に現れた。 それは起こりそうになかった! 私の息子は微笑みながら立ち去った。

私は多少当惑してそこに座りました。 それからゆっくりと、私は彼のプロフィールをクリックして彼について読むことにしました。 彼は面白かった。 彼が書いたものは私を笑わせた。 私は彼に事前に作成されたテキスト応答の1つを送った場合どうなるかを考えました。 数分後、私たちは「私たちにはたくさんの共通点がある」と簡単に述べた行にたどり着きました。 私はそれをしたとは信じられませんでした。 それから私のコンピュータは音を出し、応答がスクリーンに現れました。 私はそれぞれの新しい反応をタイプするにつれて徐々にパニックの波が私の胃の中で続いている蝶の波を感じました。 私は知らない人とおしゃべりをしていました、そして私は微笑んでいました。 私は自分のことをすべてのif ifを脇に置き、かなり楽しい経験だったものにリラックスするように言わなければなりませんでした。 私たちが夜の間ずっと行ったり来たりしている間、それは数週間そのようにとどまりました。 それはついに彼に会う時が来たと私は再び神経質な難破船でした。

デート 私はデートします。 それの現実はすべて圧倒的でした、そして同時に私はオンラインでとてもよく知るようになることをこの人に会いたかったです。 私たちは私の家の近くの喫茶店で集まることに同意し、私の息子は駐車場から私を見張ることに同意した。 結局のところ、これは彼のせいだった。 そうでなければ私は決してこの立場にいなかったでしょう。 私が喫茶店に近づいたとき、私は外に座っている人々のグループを見つけました。 一人の男が周りを見回していたので、彼は伸びた手で私を迎えるために立ち上がった。 私は彼のプロフィール写真からすぐに彼を認めた。 "あなたは美しく、私はあなたのサングラスが大好きです!"彼は言った。 完璧な試合でした😊